歯周病・総義歯・矯正歯科

歯周病治療

成人のおよそ8割の方が歯周病にかかっているといわれています。

歯周病とは、歯の表面に付いたプラーク(細菌の塊)が歯と歯肉の間の隙間に入り込み、 その細菌の出す毒素が歯肉に出血や腫れといった炎症を与える「歯肉炎」と 歯を支えている骨を溶かしています「歯周炎」とに分けられます。
以前はどちらも、直すことが困難と言われていましたが現在では進行を止めることが可能となってきました。

原因除去治療

炎症のコントロール

歯周病は、前述した通り、細菌が原因で進行していきます。 この細菌による炎症をコントロールすることによって、 その進行を抑えることが可能となります。以下のような「炎症のコントロール」を行っていきます。

ポイント
  • 熟練された歯科衛生士による一人一人にあったブラッシング法の指導
  • 歯の根面に付着した歯石の除去
  • 局所に効果的な薬物の投与
  • 合っていないために、周囲に悪影響を及ぼす「かぶせ物」などの改善
  • お手入れしやすい環境作り
  • 専門家によるメンテナンス

力のコントロール

炎症のコントロールだけでは歯周病の改善は十分とはいえません。
噛み合わせたり食事をしたりすれば、それを支える骨には力が掛かります。許容範囲以上の力が掛かると周囲のバランスが崩れ、歯を支える骨を破壊します。 この許容範囲を超える力を分散させるために、以下のような「力のコントロール」を行います。

ポイント
  • 噛み合わせのバランスの調整
  • グラグラと動く歯の固定
  • インプラントや義歯などによる負担の分散や補強

これら、2つのコントロールのどちらが欠けても歯周病は進行を止めません。

総義歯治療

総義歯の種類

マグネットデンチャー

残っている自分の歯に磁石と相性の良い磁性金属(キーパー)、 入れ歯側に超小型磁石を取り付ることにより、 磁力で義歯を安定させガタつきのないピッタリとフィットした入れ歯を作ることが可能です。基本的にはご自分の歯の根が残っていることが必要ですが、 ない場合でも人工歯根(インプラント)を応用することにより作ることも可能です。
※健康保険の適用外のため、 自費治療となります。詳しくはご相談ください。

金属床義歯

金属床義歯とは、入れ歯の主要部分を金属で作った入れ歯です。
レジン(プラスチック)に比べて丈夫な素材である金属を使うため、 快適で、たわまず、丈夫な入れ歯を作ることが可能になります。 金属ならではの薄い仕上げは違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、 熱の伝わりの良さで一層おいしく食事を楽しむことができます。

矯正歯科

せっかくの笑顔を手で隠していたり、友達との食事も心から楽しめない。

あなたは歯並びが悪いことで、ひとり悩んでいたり、対人関係に消極的になっていたりしていませんか?
コンプレックスは、人によっても様々です。ですが、もしも歯並びの悪さが、 あなたのコンプレックスになっているのであれば、それは矯正治療によって、取り除くことができます。

放っておくと大変で様々な病気も起こします。

たとえば、虫歯や歯槽膿漏。ブラシがきちんとあたっていなかった。 そんなことも、歯並びからということがあります。

その他普通に食事をしているのに常に胃腸の調子が悪いとか、言葉が聞き取りにくいと人に言われたり、いびき歯ぎしりの原因ともなり得ることがあります。そうなると、もう歯並びが悪いという、見た目の問題だけではなくなります。
あごの関節を痛めたり、顔の骨格と表情も変えてしまうこともあります。

『京都メディカルインプラントセンター』 歯を喪失された方や入れ歯でお悩みの方、インプラント治療について詳しくお知りになりたい方は、京都メディカルインプラントセンターにご相談ください。

古田歯科医院


〒600-8412
下京区烏丸通仏光寺上る二帖半敷町655 産経京都烏丸ビル6F
アクセスマップはこちら
駐車場あり

TEL:075-341-0770/FAX:075-341-0711

診察時間(月~土)
午前 9:30-13:00
午後 14:30-20:00
※水曜日・土曜日の診察は17:30までになります。

ページの先頭へ