審美歯科

審美歯科とは

本来の白く健康的な歯を取り戻したい!!

近年、白い歯に対する要望が強くなるなか、当院におきましても、 本来の白い歯を取り戻すべく、様々な治療法を導入しています。 審美歯科の特徴は、虫歯や差し歯など健康な歯の変色を白い歯へと改善していくことです。
また、修復物を使い、金属クラウン(冠)やインレー(小さな詰め物)など、見た目が気になる部分も、あわせて治療します。

ジルコニアセラミックス

ジルコニアセラミックスは、デンツプライ三金が2005年に国内で初めて厚生労働省の許認可を取得した歯科治療素材です。
主原料である酸化ジルコニアは非常に強度があり、スペースシャトルの耐熱タイルやF1のブレーキシステムの部品に使用されています。また、人体に対する安全性(生体親和性)があることから、整形外科の分野では人工関節の材料として活用されています。
メタル素材を使った歯科治療と比較すると、「金属アレルギーのリスクがない」「天然の歯に近い美しさ」、さらに表面が滑らかで汚れにくく細菌の付着が少ないという大きなメリットがあります。

ジルコニアセラミックスのメリット

Safety
金属アレルギーのリスクを解消

ジルコニアセラミックスの治療では、まったく金属を使用しないため、金属アレルギーのリスクを解消することができます。

Beauty
自然の歯に近い美しさ

光の透過性に優れており、透明感のある美しい歯を実現することができます。さらに、金属イオンの溶出による歯茎の変色などの心配もありません。

Strength
金属と同じくらいの強さと耐久力

ジルコニアセラミックスには金属と同じくらいの強度があり、長年にわたり十分な耐久性を発揮します。

ジルコニアセラミックスの治療例

上顎右中切歯1本を治療

前歯の被せ物の裏打ちとして金属を使用していたため、歯肉との境目に金属の黒いラインが見えていました。
そこで、金属の裏打ちが無く、金属アレルギーの方にも安心して使え、さらに強度も高いジルコニアセラミックスで治療しました。

上顎左側切歯と犬歯の2本を治療

前歯2本をジルコニアセラミックスを被せる治療をした症例です。数年前に神経を取る治療をした歯の色が黒ずんできており、さらに上下の歯が深くかみ合っていて、前歯にかなりの力がかかっていました。そこで、強度が高く壊れにくく、さらに透明感も強いジルコニア セラミックスで治療しました。

下顎左第一小臼歯欠損を3ユニットブリッジで治療

患者さんの希望により、ジルコニアセラミックスを用いて3本ブリッジを作製した症例です。メタルを使用していないため、生体親和性も高く、審美的にも優れているため、3年6ヶ月経過後も、歯周組織の状態を含め臨床経過は非常に良好です。

その他の審美歯科治療例

前歯部  ジャケット冠

治療前

前歯2本がむし歯と以前治療をした部分が古くなって、非常に見た目が悪くなっています。すき間も気になりますね。

治療後

前歯2本を治療。すき間もなくなり、とてもキレイになりました。

臼歯部  インレー

治療前

奥歯にインレー(小さな詰め物)。大きな口をあけると気になります。

治療後

修復物で治療。自分の歯に合った色合いでとても自然になりました。

臼歯部  クラウン&インレー

治療前

右奥歯に金属クラウン(冠)とインレー(小さな詰め物)。最近は奥歯の見た目も気にする人が増えています。

治療後

修復物で治療終了。もう口元を気にする必要はありません。

審美歯科の手順

1.治療前

以前のむし歯治療で金属インレーが入れてあります。

2.金属の除去

金属を外してきれいに清掃します。

3.治療終了

修復物を入れて治療終了。
色・形ともピッタリあっています。

『京都メディカルインプラントセンター』 歯を喪失された方や入れ歯でお悩みの方、インプラント治療について詳しくお知りになりたい方は、京都メディカルインプラントセンターにご相談ください。

古田歯科医院


〒600-8412
下京区烏丸通仏光寺上る二帖半敷町655 産経京都烏丸ビル6F
アクセスマップはこちら
駐車場あり

TEL:075-341-0770/FAX:075-341-0711

診察時間(月~土)
午前 9:30-13:00
午後 14:30-20:00
※水曜日・土曜日の診察は17:30までになります。

ページの先頭へ