治療の特徴

インプラント治療と他の治療法との比較

インプラントによる治療


インプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯冠を取り付ける方法

特徴 ・失った歯の部分のみの治療となるので、他の健康な歯をそのまま残すことができる。
・噛み心地が自分の歯と変わらず、違和感なく食べたり会話ができる。
・見た目も美しく、他の天然歯と変わらない。
・顎の骨に埋め込むため、よく噛めるので顎の骨がやせるのを防ぐ。
留意点 ・抜歯程度の手術が必要。
費用 保険適用外なので、自費治療となる。使用する材料や本数によるので、先生とご相談ください。

ブリッジ


抜けた歯に隣接する歯を削り、冠を橋渡しするように人工歯をかぶせる方法。

特徴 ・違和感が少なく、噛み心地もよい。
・使用する材料によっては、審美的に他の天然歯と変わらない。
留意点 ・人工歯を固定するため健康な歯を削らなければならない。
・失った歯の部分の顎の骨がやせることがある。
・言葉の発音が悪くなることがある。
・食べた物が人工歯の下につまることがあり、不衛生になりやすい。
費用 保険適用内のものもあります。しかし審美的によい材料にすると保険適用外になり自費治療となり数十万円かかります。

入れ歯


抜けた歯の周りの歯に取り外し可能な人工歯を金具でとめる方法。

特徴 ・一般的な治療法で、比較的簡単にできる。
・ブリッジではできない大きな欠損に対応できる。
留意点 ・噛む力が弱くなる。
・留められる健康な歯に負担がかかり、違和感がある。
・失った歯の部分の顎の骨がやせる。
・言葉の発音が悪くなることがある。
・食べ物がはさまって、口の中が不衛生になりやすい。
費用 保険適用内の材料を使用すれば、保険での治療ができます。しかし審美的によい材料にすると保険適用外になり自費治療となり数十万円かかります。

『京都メディカルインプラントセンター』 歯を喪失された方や入れ歯でお悩みの方、インプラント治療について詳しくお知りになりたい方は、京都メディカルインプラントセンターにご相談ください。

古田歯科医院


〒600-8412
下京区烏丸通仏光寺上る二帖半敷町655 産経京都烏丸ビル6F
アクセスマップはこちら
駐車場あり

TEL:075-341-0770/FAX:075-341-0711

診察時間(月~土)
午前 9:30-13:00
午後 14:30-20:00
※水曜日・土曜日の診察は17:30までになります。

ページの先頭へ